匿名文化はおかしくない

アメリカ生まれのフェイスブックは、顔出し実名が前提とされている(やってないので詳しく知らんが、そのはず)。

そんな顔出し文化圏の国、あるいはそれに傾倒した人間が、よく「ジャップは匿名のときだけ強がって本音出して卑怯」みたいなことを言ってるのを見るが、これは一方的すぎないか。

俺は外国に行ったことがないので偏見なのだが、彼奴等、堂々と顔出す代わりに自衛もしっかりしてるじゃん?

皆銃持ってるやん?怪しい奴はサーチアンドデストロイだろ?殺るか殺られるかのサバイバルでしょ?

自分の身を自分で守る手段も意識も乏しい日本で、「欧米も顔出してるんだから日本も顔出せ!」というのはあまりにも殺生な話ではないか。

でも本音は言いたい。イイコチャンぶってばかりじゃフラストレーションが溜まる一方である。

だから匿名掲示板とかが流行るのではないか。匿名で自分の身を守ると同時にストレスを解消できる場が。

端から見れば陰湿ではある。が、なーんも考えずに「顔出し実名は堂々としてて格好いい!」と持ち上げる輩よりは、自衛意識が働いていると思う。

勿論、実名で堂々と発言しつつ、ボロを出さない人間が最強なのだが、そんなのは有名人でもそうそういまい。

まー結局何が言いたいかというと、「匿名は汚い、実名は美しい」と断定するのはおかしくないかってことです。

RSS